メニューを開く

リハビリリハビリサービス

入院中から退院して在宅復帰した後も、質の高いリハビリを継続して提供する体制を整えています。切れ目のない医療・介護のリハビリによって生活機能を回復し、いつまでも維持できるように援助します。

医療部門[医療保険適用]

回復期リハビリテーション病棟
詳細を開く
日常生活動作の能力向上を図ります。

「退院後にこんな生活を送りたい」という具体的な目標を設定して、日常生活に必要な動作を繰り返し練習します。入浴やトイレの動作、屋外での歩行練習や調理実習なども実施。また、病棟内では毎日簡単な運動をする習慣をつけるため、集団で起立着座練習を行っています。

地域包括ケア病棟
詳細を開く
急性期治療後に運動機能を回復します。

骨折や肺炎などの急性期治療を受けた方が、運動機能を回復するリハビリを継続して、在宅復帰を目指します。入院治療中の身体機能や体力の低下を防ぐ活動、食事前の嚥下体操なども実施。主治医の指示のもとに、患者さまの状態に合わせた内容と頻度でリハビリを行っています。

療養病棟
詳細を開く
療養中の関節の拘縮や床ずれ、寝たきりを防止します。

療養中に関節がこわばる拘縮の予防や、床ずれを防ぐポジショニング(姿勢調整)で、生活動作を行いやすくします。ベッドを離れて座る離床活動、楽しく身体を動かすレクリエーション活動も取り入れて基礎体力を向上。寝たきりにならないためのリハビリを行っています。

+

摂食嚥下のリハビリに力を入れています

食べることは生きること。入院中も在宅でも、摂食嚥下はとても重要です。医師の立ち合いのもと、言語聴覚士、歯科衛生士、看護師が嚥下機能検査を実施。その結果をもとに摂食嚥下訓練を行い、いつまでも口から食べることができる生活を目指します。

嚥下機能検査
詳細を開く

口から食べたものを飲みこんで胃まで送る、嚥下機能の状態を評価する検査を行います。X線透視下で造影剤を含んだ食事をする「嚥下造営検査」。歯科医師が行う「嚥下内視鏡検査」は、ファイバースコープを鼻から挿入して咽頭の動きを観察します。

摂食嚥下訓練
詳細を開く

嚥下機能検査の結果をもとに、言語聴覚士が中心となって摂食嚥下のリハビリを行います。口腔機能のリハビリを含む口腔ケア。呼吸のコントロールや発声練習。電機刺激で嚥下筋の筋力を向上する機器「バイタルスティム」などを使って訓練しています。

介護部門[介護保険適用]

通所リハビリ
詳細を開く
リハビリ室の設備や機器を使用してリハビリを行います。

日常生活を送るうえで必要な身体機能と体力を向上し、維持するための設備・機器を揃えた、院内の「総合リハビリテーションセンター」で行います。専門分野の療法士と一緒に、ご自分の目標に向かって、安心してリハビリに取り組んでいただけます。

訪問リハビリ
詳細を開く
リハビリスタッフが自宅に伺い、必要なリハビリを施します。

通所リハビリを受けることが困難な方や、在宅でのリハビリを希望される方のために、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがお住いに訪問します。実際に生活しておられる場所で、どのようなリハビリが必要かを見極め、生活動作が維持できるように支援します。

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-468-800

音声ガイダンスに従って番号を押してください

  • [1]メリィホスピタル
  • [2]メリィハウス西風新都
  • [3]八千代病院介護医療院
  • [4]メリィハウス八千代
  • [5]メリィデイズ
  • [6]その他
よくある質問

ウェブでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム 施設見学会 入居・資料請求

お問い合わせは24時間受け付けておりますが、休暇等によりご返信にお時間をいただくこともございます。お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。