入院案内
入院までの流れ
八千代病院の特徴
食事
入院までの流れ
各専門分野スタッフがそろってご相談に応じるカンファレンスシステム
八千代病院にお問い合わせ頂いた後、
入院を希望される患者様の病状をよくご存知のご家族様がご相談にお越しください。
1
入院の申し込み(来院)※
入院相談、書類等の確認
担当相談員が患者様の症状、生活歴をお聞きします。入院を希望される患者様の紹介状(診療情報提供書)、保険証一式をご持参ください。
※病院内のご見学、説明のみにも対応させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。
●入院相談※
月~金 9:00~11:30 13:30~16:00
土   9:00~11:30 ※日祝は休み
2
入院判定
状況に応じて事前訪問
紹介状、入院相談の内容をもとに入院が可能かどうか判定させて頂きます。
3
入院日調整
入院日の決定
入院が決定しましたら、入院日を調整させて頂きます。(ご家族でお連れする事が難しい場合は、当院車両を準備いたしますのでご相談ください)
4
入院
安心頂ける医療・介護の提供
各種委員会を設置し、安全な医療、ケアの質の向上に、努めております。(感染、リスクマネジメント、栄養管理、褥瘡、NST,コンチネンス他)
病状に応じた病棟設定
医療度、介護度の必要性に応じて病棟を移動して頂く事があります。
5
カンファレンス
定期的にカンファレンスを開催
医師および専門スタッフを中心に、ご家族様とのカンファレンスの場を設けております。ケアプランの見直しもここで行います。
6
ケア
プランに沿った看護、介護の実施
カンファレンスで決定したケアプランをもとに看護・介護をさせて頂きます。
遠方もしくは止むを得ない理由がある場合には、直接入院先の病院やご自宅に専門スタッフが出向き、面談をさせて頂くことも可能です。 また短期のお受け入れやご入院の際の車両のご相談も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。 八千代病院は、ご家族様と患者様の立場にたった対応を心がけています。
八千代病院の特徴
八千代病院は医療と介護の、2つの病棟を保有。介護が必要な方でも安心してお任せいただけます。
医療病棟は280床、平均介護度は4.2。介護病棟は231床、平均介護度は4.19の患者様が入院されています。
医療保険病棟 介護保険病棟 介護保険病棟(認知症対応)
一般急性期の治療を終えて慢性期での治療を必要とする患者様の受け入れをする病棟です。 要介護状態のある高齢者の方に適切な介護サービスを提供することを目的とする病棟です。 要介護状態にある患者様で、尚且つ認知症状を有し、一般病棟での生活に支障があると判断された患者様に、適切な介護サービスを提供することを目的とする病棟です。
入院患者状況2013年6月末現在
県内屈指の大型施設、療養介護の病院としては約20年の歴史があります。介護に精通したスタッフが数多く在籍、ノウハウも数多く保有しています。
入院患者状況グラフ
入院患者状態比率2011年7月現在
患者様の状態に応じて、医療病棟と介護病棟の間で転棟を致します。また認知症の方も安心してお任せいただけます。
医療病棟、介護病棟とも脳血管障害後遺症、認知症の患者様が大部分を占めています。
また医療病棟では医療区分2~3の患者様が約60%、介護病棟では医療必要度の低い患者様が多いものの、平均要介護度4.2と重度介護が必要な患者様の割合が高くなっています。
医療病棟
医療病棟グラフ
介護病棟
介護病棟グラフ
リハビリ
PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が、脳血管疾患系の患者様を中心に維持期リハビリや摂食機能療法など、患者様のより快適な生活をサポートします。
食事
食事の楽しさと喜びに工夫の気配り
食事は日々の基本であり、また患者様のいちばんの楽しみでもあります。
八千代病院では定期的に、患者様に食事量・嗜好調査を実施し、栄養指導に反映させています。
hate1stt4p1.jpg hate1stt4p2.jpg hate1stt4p3.jpg
バイキング 維持食 おやつバイキング