リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟

写真:リハビリの様子

回復期リハビリ病棟では下記内容を目的にリハビリを行います。

◎在宅(自宅)復帰するために

◎日常生活動作能力の向上のために

◎寝たきり防止のために

回復期リハビリ病棟では、退院後の生活に合わせたリハビリを行っています。

日常生活動作練習

写真:リハビリの様子

入浴やトイレなど、ご自身でできるように日常生活内で必要な動作練習を行います。
また、退院後に生活される環境を想定して練習場所や福祉用具を検討します。

応用動作練習

写真:リハビリの様子

屋内だけではなく、坂道などの難しい環境での歩行練習を行います。

写真:リハビリの様子

包丁操作や炒め物など、実際に調理を行います。

カンファレンス

写真:カンファレンスの様子

リハビリ医師とともに多職種で目標を設定し、退院に向けて必要な支援方法を検討します。

家屋調査

写真:家屋調査の様子

ご自宅へ訪問させていただき、動作の確認や自宅改修についての助言を行います。

退院後訪問

写真:退院後訪問の様子

退院された後、ご自宅へ訪問させていただき、生活状況のご確認を行わせていただきます。
(現在は法人内施設へ退院された方のみ)

365日,1日約3時間 集中的なリハビリを行います。