看護部について

職場紹介

職場紹介

ダミー/説明文が入ります。ダミー/説明文が入ります。ダミー/説明文が入ります。ダミー/説明文が入ります。ダミー/説明文が入ります。ダミー/説明文が入ります。ダミー/説明文が入ります。

【外来】診療科:内科・リハビリテーション科・精神科

職場紹介

内科は一般内科ですが循環器、糖尿病専門医の診察があります。また、整形外科・耳鼻科も曜日は限定していますが受診することができます。
当院外来では、メリィハウス・メリィデイズ入居者の外来診療及び訪問診療・往診を中心に行っています。
外来診療を希望される場合は予め電話にてお問い合わせください。
外来受診される方は、通院を繰り返されている方が多いため、いろいろなお話をお伺いさせていただき、顔なじみの関係になれています。その中で、待ち時間を利用しフィトテラピー(オイルを使用したハンドマッサージ)をさせていただいております。
患者様の声に耳を傾け、想いに添えるよう関わり「メリィホスピタルに来てよかった。また、ここに来よう」と思っていただけような外来にしていきたいとおもっています。

2病棟(回復期リハビリテーション病棟)

職場紹介

当病棟は、2018年4月1日より49床の回復期リハビリ病棟としてスタートしました。
脳血管障害や骨折の手術などの為、急性期で治療を受けて発症から1〜2ケ月後の状態の回復期対象の患者様に対して在宅復帰、社会復帰を目指します。
それぞれの患者様の目標に向けて、リハビリ計画を立て、医師、看護職員、看護助手、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、管理栄養士 とチーム一丸となり質の高い、あたたかい心のこもった看護、リハビリテーションに取り組んでいきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

3病棟 地域包括ケア病棟

職場紹介

地域包括ケア病棟は50床の病棟です。急性期病院での治療を終えられた後、生活動作などでご自宅へ帰るには不安がある場合の転院、在宅や施設からの緊急時の受け入れ、在宅からのリハビリ目的、介護をされているご家族のレスパイト目的の入院など、様々な方が入院されます。
疾患による入院の基準はありませんが、自宅や施設へ帰ることが目標です。病棟では、ご自宅へ帰るために、ひとりひとりの患者様にあわせたリハビリテーションを行い、機能回復の支援をさせていただいています。また、季節の行事や日々のレクリエーションを通じて、入院生活の楽しみを持っていただけたらと患者様と毎日向き合っている病棟です。

4病棟(医療療養病棟)

職場紹介

急性期の治療が終えられた方に病状や身体機能の安定を図る事を目的とした病棟です。
食事が取れず体にチューブが入ってる方や、食事介助が必要な方、酸素が常に必要な方などさまざまな方が入院されています。その為患者様は支援が必要な方が多く、状態に合わせスタッフ一同で関わらせて頂いています。
また、高齢の方も多く、自病棟では清潔チームが主となって全身のスキンケアに力を入れています。入浴後は、オイルを利用したトリートメントマッサージを行っているため、カサカサの皮膚もしっとり保湿状態が保てるようになっていきます。また、オイルの香りも良く「ホッとする・癒やされる」という声もいただいています。
入院されている方の中には施設や在宅に帰られる方もいらっしゃいます。退院前にはその方に寄り添った方法をご家族と多職種で考え取り組んでいます。そして、入院が長期になる方にも、ご本人とご家族にいつも寄り添い、「ここに入院できて良かった。ありがとう。」と思って頂ける事を目標に頑張っています。

5病棟(療養型病棟)

職場紹介

50床の医療療養病棟です。当病棟では急性期医療の治療を終えて、病状は比較的安定しているが引き続き医療的なケアや病院での療養が継続的に必要な患者様を受け入れる病棟です。療養病棟入院基本料1を算定しており、医療区分2・3の方を中心にご入院いただいております。医師・看護師・看護補助者・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカーとの連携を大切にしています。
病棟では、患者様の状態に合わせたケアを看護師と看護補助者が日々協力して生活援助を行っています。また、患者様が一日も早く自宅復帰できるための環境調整を行ないます。
患者様に快適な入院生活を提供できるよう、スタッフはいつも笑顔で明るく接し、コミュニケーション、スキンシップ(手あて)を大切にしています。
患者様が安全に安心して過ごしていただけるよう、スタッフ全員で継続看護が充実できるよう頑張っています。