当院について

院長ご挨拶

メリィホスピタル 病院長 倉岡 敏彦

メリィホスピタル 病院長
倉岡 敏彦

2018年4月の開院に際して私たちは次の「3つの理念」を掲げました。

1)医療・介護・リハビリで「幸せな人生」をサポートします。
2)利用者・ご家族・地域の方々に、「喜びと安心を届けられる病院」を目指します。
3)職員も「やりがいをもって働ける病院」を目指します。

高齢化社会を迎えて高齢者の介護・福祉に取り組む八千代会が広島市の安佐南区、西風新都に199床の病院と204室を有するサ高住を同一建物の上下階に設置するメリィホスピタル・メリィデイズを新築しました。約500m離れたメリィハウス西風新都460室と合わせて660室余りを有する高齢者施設と近隣地域の高齢者をケアする亜急性期対応の病院です。

そこで私たち医療スタッフは上記3つの理念を掲げました。長い人生で活躍してきた人たちが高齢化で医療・介護を必要とする年代を迎え、いかにその方々の人生の終末期(完熟期)を支えるかが問われています。

メリィデイズで高齢者住宅に199床の病院が加わることで安心の医療体制が整います。「地域包括ケア病棟(50床)」は急な病気で入院を要する方(利用者)や、急性期病院での病状を切り抜けた方が退院可能になるまでのアフターケア、「回復期病棟(49床)」は積極的に身体の機能回復をはかる病棟:豊富な運動療法士/作業療法士/言語聴覚士など約50名の豊富なスタッフで対応します。「医療療養病棟(100床)」は各種の慢性疾患で医師や看護師の医療支援を継続的に必要とする方をケアする病棟です。退院後も在宅訪問診療、緊急時のオンコール/入院対応が24時間体制で可能となります。周囲の医療施設とも連携して地域の方々にも安心の地域包括ケアを目指します。

当院の特徴(平成30年4月開設)

◎亜急性期対応、199床の病院です。

◎回復期病棟(49床)+地域包括ケア病棟(50床)+療養病棟(100床)の計199床です。

◎医師数:常勤医9名+非常勤医10名で各科の専門医が在籍しており、
合併症を有する高齢者さんの「総合診療」を行なっています。

◎回復期病棟はリハビリテーションスタッフが在籍、
脳卒中後や骨折術後など急性期のリハビリテーションを行なっています。

◎地域包括ケア病棟は、地域のクリニックや施設からの急な入院依頼や、
急性期病院からの在宅復帰までの患者さんを受け入れています。

◎療養病棟は医療区分(医療必要度)の高い各種慢性疾患の患者さんを受け入れ、
看取りまでケアしています。

当院の組織図

当院の組織図

当院の委員会組織図

当院の組織図