当院について

メリィホスピタル理念

3つの憲章

  1. 医療・看護・リハビリで「幸せな人生」をサポートします
  2. 利用者・家族・地域の方々に「喜びと安心を届けられる病院」を目指します
  3. 職員も「やりがいを持って働ける病院」を目指します

基本方針

  1. 倫理観を持ち 人格・権利を尊重して「おもてなしの心」を大切にします
  2. 「機能」と「生活」を良くするための医療・看護・リハビリを行います
  3. 地域医療・施設連携を推進し 住民の方々の生活を支えます
  4. 職員は仕事を通じて成長でき より豊かな人生を送れる組織運営を行います
  5. 健全な運営・管理を行います

看護部理念

  1. 一人ひとりの持てる力をサポートし人生に寄り添い幸せを届けられるケアを実践します

利用者の権利と責任

 私たちは 利用者の豊かな人生を送る心づもり(Advanced Care Planning)を尊重しインフォームドコンセント(十分な説明による理解と納得した上での同意)を大切にする医療の実践を基本姿勢とします
 最善の医療を行うためには、利用者・家族(キーパーソン)と医療者の意思疎通が最も大切です
そこで 利用者の権利と責任について明記し その実践にむけて共に歩んでいくための5か条を定めます

1「適切な医療を受ける権利」
  1. あなたは 必要で最善な医療を受けることができます
  2. あなたが ご自分の病気の診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を聞きたいというご希望をお持ちの場合は、他の医療機関に相談することができます(セカンドオピニオン)
  3. あなたが 他の医療機関に転院する場合 必要な治療・ケアに関する情報を受けることができます
2「知る権利」
  1. あなたは病名・病状・治療内容・回復の可能性およびリスク等に関して理解できるまで説明を受けることができます
  2. 所定の手続きを経ることでご自分の診療記録の開示を求めることができます
3「自己決定の権利」
  1. あなたは医療の内容・回復の可能性およびリスク等に関して説明を受け十分納得し理解したのちにご自分で選択して同意あるいは拒否することができます(必要に応じて 家族・代理人の方にお話する場合もあります)
4「プライバシーが保護される権利」
  1. あなたは医療上の個人情報が保護される権利を持っています
5「参加と共同の責任」
  1. あなたの受ける権利を守るために医療従事者と力を合わせ、医療に参加・協力する責任があります
  2. あなたは症状や経過のほかに、ご自分の健康や生活に関する情報をできるだけ詳しく正確にお伝えください
  3. 病院内や社会のルールを守り病院職員による医療提供や他の利用者の診療の妨げとなる行為はおやめください
  4. 診療費の自己負担分等の費用は、遅滞なくお納めください(経済的な不安がある場合は「メリィの窓口〈利用者相談窓口〉」にご相談ください)

院長ご挨拶

メリイホスピタル院長 福田康彦

メリイホスピタル院長
福田 康彦

広島市中心部のデルタ地帯の西側をさえぎる山々のほぼ真ん中を貫通する高速4号線の「西風トンネル」を抜け、アストラムラインの高架をくぐると、中心部から約15分でなだらかな丘陵地帯に広がる「ひろしま西風新都」の緑に囲まれた風景を目にすることができます。9階建のメリイホスピタルの瀟洒な建物は街を貫く大通りのほぼ真ん中にあり、市内の喧騒からは想像できない静かで、綺麗な空気と空に囲まれています。

当院を運営する八千代会医療グループの30年近い病院・介護事業の集大成として、メリイホスピタルは2018年に開設しました。「高齢者の自分らしい暮らしと、生き方を支援する」という八千代会の理念の実現が、当院の高度な医療・介護体制によって大きく前進しました。常勤・非常勤合わせて20名以上の医師による医療、140名の看護師・介護士による手厚い看護、そして90名のセラピストによるリハビリテーションなどによって、病に悩む多くの高齢者の方々が自宅やホームでの生活に戻っておられます。今までは施設に入るしかなかった重い障害のある方々は、病院の最上階に設けられた広々とした204室を備えた老人ホーム(サ高住メリイデイズ)に入居して頂ければ、引き続き手厚い医療・介護を受けることができます。病院機能と老人ホームが一体化した当院は全国的にも先進的な病院として注目されています。また、専門医、看護師、リハビリ士の訪問診療によって退院後の方々の健康と暮らしを引き続き支援しています。

メリイホスピタルは高齢者の「医療・介護・住まい・生活」をもっと充実させ、地域社会に貢献をしたいと思っています。皆さまの一層のご支援をおい申しあげます。

メリィホスピタル医療安全管理指針 メリィホスピタル感染対策指針 医療法人社団八千代会メリィホスピタル個人情報保護指針

相談窓口

患者相談窓口

医療福祉相談や退院後のご相談及び退院後の療養生活に関するご相談等をお受けしております。

  • 療養生活場の不安等に関する相談・その他、ご意見ご要望
  • 退院後の医療処置や療養生活について不安がある
  • 退院後の在宅生活、施設利用等について相談したい
  • 介護保険や障害者手帳、障害年金、各種手当等について相談したい
  • 医療費の助成制度等について知りたい
  • 入院・転院・セカンドオピニオンについて相談したいetc...

メディカルソーシャルワーカー、看護師等が対応いたします。

場所
メリィホスピタル 1F「地域医療連携室 患者相談窓口」
曜日
月~金(土・日・祝日を除く) 時間:8:30~17:30

医療安全相談窓口

医療安全に関することで、不安に思っていること、悩んでいることなどについてご相談をお受けしております。

医療安全管理者・医療専門職が対応いたします。

場所
メリィホスピタル 1F「地域医療連携室 患者相談窓口」
曜日
月~金(土・日・祝日を除く) 時間:8:30~17:30

入院支援・退院支援

入院支援

当連携室は医師・看護師・社会福祉士・リハビリ専門職が中心となり様々な医療・生活課題を持たれた患者さんに対し、患者さんのニーズを確認しながらきめ細かい入院調整をしています。 又、在宅からの入院については地域の介護事業所やケアマネージャーさんと情報共有を行いながらスムーズな連携を心掛けています。

主な業務

  • 看護師によるきめ細かい調整
  • 多職種で入院前情報の共有
  • 多職種による入院前訪問

入院のご依頼がありましたらまずはかかりつけ医にご相談下さい。

退院支援

患者さんの在宅復帰に向けて多職種がチームとなり、退院支援を進めていきます。
入院前より患者さん・家族へ退院先の希望を確認させていただき、限られた入院期間の中でスムーズに希望退院先へ退院できるよう退院調整を行なっています。

主な業務

  • 社会福祉制度、サービスに関する相談支援を行ないます。
  • 医療費、経済面に関する相談支援を行ないます。
  • 退院後の切れ目ないサービス提供に向けたケアマネージャーさんとの連絡調整を行ないます。
  • 在宅医療の相談支援を行ないます。
  • 退院支援カンファレンスを開催します。

(退院支援に関するご相談について)
退院支援社会福祉士・看護職員にご相談下さい。
電話番号:082-849-2303 FAX:082-849-2305

当院の特徴(令和2年1月)

◎亜急性期対応、199床の病院です。

◎回復期病棟(49床)+地域包括ケア病棟(50床)+療養病棟(100床)の計199床です。

◎回復期病棟はリハビリテーションスタッフが在籍、
脳卒中後や骨折術後など急性期のリハビリテーションを行なっています。

◎地域包括ケア病棟は、地域のクリニックや施設からの急な入院依頼や、
急性期病院からの在宅復帰までの患者さんを受け入れています。

◎療養病棟は医療区分(医療必要度)の高い各種慢性疾患の患者さんを受け入れ、
看取りまでケアしています。

当院の組織図

当院の組織図